賃貸物件のメリットと将来の様子

賃貸を選ぶ際には正確な収納スペースの確認が欠かせません
日本の住宅事情は世界的に見ても特殊で、欧米などでは不動産取引の8割から9割は中古住宅だそうですが、今の日本では逆に8割から9割が新築住宅になっています。それはそのまま、常に新築の住宅ができているということを意味します。低利の住宅ローンなどもあり、常に新築の住まいが売れるシステムができてきました。しかしそれがいつまでも続かないということも最近は理解してきているようで、住まいが余ってきているということが言われています。

そのように資産価値ということでのマイホームの仕組みが限界に来ているということにあります。そうなると将来資産としての価値は目減りします。余っているのですから購入する人たちは限られます。また日本の人口も2060年には9千万人を切るだろうと言われています。それは今の人口が続いて、その時にいきなり9千万人になるのではありません。

それまで下り坂になっていくということになります。ですので今まではともかく、これからの将来を見ると賃貸物件が有利ということになります。たくさんの住宅の物件が余るわけですから、賃貸で借りる場合でも家賃も下がってくるということがわかります。そのように日本人も賃貸住宅を利用するということを真剣に考える時期に来ているということになります。

関連サイト

Copyright (C)2018賃貸を選ぶ際には正確な収納スペースの確認が欠かせません.All rights reserved.